ギターなんて大嫌いだ。 TOP  >  スポンサー広告 >  使用機材 >  【使用機材】ZVEX MASTOTRON【VEXTRON FUZZ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【使用機材】ZVEX MASTOTRON【VEXTRON FUZZ】

今日買ってきた機材がある。

ZVEX MASTOTRON

DVC00241.jpg
DVC00240.jpg
DVC00243.jpg



「FUZZはあまり好きじゃない」という事を
過去の記事(【使用機材】MXR CLASSIC 108 FUZZ)で書いているのだが、
皮肉にも、その記事を書いているときに久しぶりにFUZZを弄り回してたら、

「FUZZ、思ってたよりオモしれーな…」

と、良さを再認識。そうなったらもう止まらない。
YOUTUBEは見るわ、検索はするわ、楽器屋行って片っ端から弾くわで
そして今日、某楽器店でネットで気になった奴を
試奏したいので一昨日取り寄せをお願いしておいた機材を弾きに行った。

しかし、
お店の人に凄く申し訳無かったんだけど、取り寄せてもらった機材が
「う、すげぇ微妙。コレならMXRの108FUZZの方が良い・・・」
という感想しか出なかったもんで、ガッカリしてると、
なにやら中古機材置き場に転がってるZVEX MASTOTRONを発見。

これも繋いでもらって試奏したら、「コッチ下さい。」と店員に言っていた。

-----------------------------------------------------------

前置きはこんなもんで、
実機は説明書によるとやたら厚いシリコンを使用したファズらしい。


ノブはヴォリューム、トーン、PW、FUZZ、RELAX-PUSHの5つ。
そこにSUBSスイッチで3モード選べる。
DVC00247.jpg
DVC00248.jpg
DVC00242.jpg


ヴォリュームトーンはそのまま他のエフェクターと同じ。

PWは波形操作。回すとブチブチ音が切れる割合を調整できる。
0で何も起こらず、
MAXで「…ブ…チチ…ヂブギギギィ…」というギター音ですら無い破壊音になる。
サスティーンはほぼ皆無になり、出音と同時に音が破壊され消える。

FUZZは歪みの量。
まぁ潰し具合というか、暴れ具合というか。

RELAX-PUSHは入力インピーダンスを弄るらしい。
良く分からんけど、右に回しきって無加工。
左でアクティブピックアップに必要な滑らかさを加えるらしい。(説明書談)
詳しくは「翻訳ソフトでそのまま翻訳したような」説明書をご覧あれ。
(画像の文字が小さいためかなりサイズがデカイので注意)
コピー ~ img005


このFUZZの特筆すべき点は、
なんと言ってもギター側のヴォリューム操作に対する反応である。

ゲインの減衰をかなり自由にギター側だけで調整できる。
クリーンはほぼ完全にクリーンまで持っていけるし、
意外と音量も落ちず、そのままクリーンとFUZZ音を行き来して演奏ができる。

ちなみにMXR 108FUZZは歪みを上げると、ヴォリュームを絞っても完全なクリーンにならず、
歪みを抑えてヴォリュームを絞ってクリーンにしても音量が下がってしまう。
音は良くエフェクトボードの接続順であまり影響されないので重宝するが、

ヴォリューム操作に関してはMASTOTRONの方は凄く良い。

SUBSスイッチだが、
説明書に書いてある「SUBSの変化」って言われても良く分かんなかったんで
完全に自分の感想を書く。
モード1。音が細め。カリカリっとする。
モード2。他のモードに比べてコンプレッションが強い。パコンパコンとアタックが変化。
モード3。歪みがもっさり。湿った感じの音。一番ヴォリュームでクリーンになる変化が顕著。


突っ込みどころ満載だろうけど、こんな感じだった。はず。

-------------------------------------------------------------

一応ヴォリューム操作におけるゲインの変化、
それを使った拙いなんちゃってブルースもどきを弾いてみた。

設定は全て、
tone12時、PW左に全開、FUZZ3時、RELAX方向に全開、SUBSはモード3
DVC00249.jpg



[VOON] mastotoron ギターヴォリュームでのゲイン変化
ギター側ボリュームでの変化
最初がOFF、
次がギターヴォリューム最大、ちゃんとファズ
次がギターヴォリューム4~5位、クリーンサウンド、多少アタック音に歪みが残る。
次にギターヴォリューム2~3位、クリーンサウンド、強く弾いても歪まない。

2まで落としてもそこそこの音量が残る。


[VOON] mastotoron フロントシングルコイル 
MASTOTRONは常にスイッチオン。
全てギター側ヴォリューム操作でゲインを操作。
ゲインの割合も好きに調整できるし、変にゲインが増えるトコも無い。
慣れてくると便利だなぁ。


DVC00245.jpg
DVC00246.jpg

人気ブログランキングへ

[ 2011/01/20 22:29 ] 使用機材 | TB(0) | CM(4)
あきらめたらそこで試合終了ですお・・・(´;ω;`)ブワッ
[ 2011/01/22 00:40 ] [ 編集 ]
安産先生…ギターが…弾きたい…です…ブワッ
[ 2011/01/22 16:27 ] [ 編集 ]
fuzzは難しい。
いくつかfuzzを買い換えていますが、未だにこれだ!ってやつに出会えません。
こいつも楽器屋さんで試奏してみます、情報ありがとうございます。
[ 2011/05/10 23:57 ] [ 編集 ]
扱いが難しいですよね
オーバードライブはある程度、理想の音がなんとなく
「こうすれば出そうだ」と想像が沸くんですが、
ファズはどうしていいか良く分からないですね。

オーバードライブより整っていない、
生生しい出音なので、
ミスがミスとして出るので腕の無い自分にはまだ敷居が高いです。
最近の飛び道具なファズのように
何弾いてもブチブチ潰れるくらい歪ませるのはあんまり好きじゃないですね。

とある玄人なギタリストに音源を聞いてもらったら
「ファズはここぞという時に叫んでくれるから良い」と言ってました。
オーバードライブより、生物的な鳴き声がしますよね。
[ 2011/05/11 00:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。