ギターなんて大嫌いだ。 TOP  >  スポンサー広告 >  使用機材 >  【機材】 MESA Boogie Electra dyne 【演奏】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【機材】 MESA Boogie Electra dyne 【演奏】

なんと、4年ぶりに更新となるこのブログ。
書かない原因はなんと言っても「ネタが無い」に尽きる。(最大の原因はメンドクサイだが)

とりあえず4年分いろいろ溜まったネタをちょいちょい書ければいいなと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------


アンプを2年前位に買いまして、
「MESA BOOGIE Electra Dyne」という奴です。

DSC_0239.jpg

ええ、もちろん中古。
印字がボロボロに剥げてて読めないので格安という曰くつきの中古。

綺麗な見本はコチラ。
mesa-boogie-electra-dyne-head-57512.jpg


音は基本的にフェンダー系(ベースマンっぽい)なのに、
このアンプの基本コンセプトが「メサなんだけどマーシャルっぽい音も出したいよね」って事らしい。

その点で言うと結論として「マーシャルにはならなかったよ・・・」という感想しか出ない。
ハイの出方がやっぱりマーシャルと違うというかどうやっても丸いです。

実はこのアンプ6L6とEL34をスイッチひとつでバイアス調整不要で乗せかえられるので
パワー管をEL34に載せ変えたりしてみましたが、やっぱり違うというかもっと変な音になった・・・。
張りが無いというか、アタックの立ち上がりがノッソリするというか、
MESA純正EL34パワー管マッチング4本(12000円)を奮発して買ったのに悲しかった。

最終的にこのアンプは「フェンダークリーン」「メサドライブ」として
良くあるメサアンプとして使うことに落ち着いたのでした。(メーカーのコンセプト台無し)

ちなみにこのアンプ、イコライザーは共有でドライブモード3チャンネル切り替えという
とんでもなく使いにくい仕様でして、そりゃ人気ねーわっていう納得の構造。

クリーンからドライブに変えるとレベルがドカーン上がって大惨事。
一応バックパネルにその辺調整できるみたいなノブがあるけど、
「できる様な感じで全く微調整できないノブ」が1個存在するストレスがエベレスト超える仕様。

さらに悪い意味で地味に気になるポイントとして、
電源ジャックの位置がヘッドキャビネットの奥にあり、ちょっと固めの電源ケーブルだと
外装と干渉して挿せないという・・・。

DSC_0241.jpg

DSC_0240.jpg

外されし横板・・・。
DSC_0242.jpg




なんだかんだ、悪いことばっかり書いてますが、
クリーンの音、ローゲインドライブチャンネルの音は割と好きなので、
結局そのまま付き合っています。

ローゲインの音


ハイゲインの音


クリーンの音(生活感丸出し…。)


にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
[ 2017/06/10 03:38 ] 使用機材 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。