ギターなんて大嫌いだ。 TOP  >  スポンサー広告 >  使用機材 >  【使用機材】Fullertone STROKE 54【Fullertone Guitars】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【使用機材】Fullertone STROKE 54【Fullertone Guitars】

2009年の夏頃に手に入れたストラト。

fuller
fuller2


今まで弾いた事のあるストラトの中で、抜群に好みで弾いた瞬間に衝撃を受けた。
初めてギターを衝動買いしてしまった1本。普段、自分はもっと冷静に調べます。
自分はこのメーカーの回し物でも無いし、サクラでもない。
普通に初めて弾いた後に「これスゲェ…」と言っていた。

ただ試奏した物は試奏用サンプルで現物はビルダーが1から作るそうで、
何やら出来てから少し物が無いので貸して欲しいだので
届いたのは夏前になった。

このメーカー2009年3月に立ち上がってるんだが、
シリアルが「0903003
fuller6
見た瞬間に「…極初期ロットじゃねーか…」って思ったわけで。
まぁ立ち上がる前に何本か普通作るからそんな初期な訳無いだろうけど。

本題。
本機はFullertone guitarsというメーカーのSTROKE 54というモデル。

材は至って普通?なアッシュ2ピースボディーにメイプルネックを組んだストラト。
そして、ボロボロ。というかレリック加工が目に付く。
自分はレリック加工って嫌いだったんですよね。なんだか凄く「加工しちゃいました!」が分かるので
やっちゃいましたか!」って言いそうになる訳で。

最初、このギター見た時「なんかの保存品ですか」って聴いた位分からなかった。
全部加工なんだそうな。最近の加工技術って凄いわ。
所有して見てみても、自然退廃した本物と全く分からんレベルで
上手い具合に退廃させてる。
fuller3
fuller5
fuller7
fuller4
fuller10


ネックからボディーまでウェザークラックがビッシリ。どこの爬虫類だよ。
金属パーツもプラスチックパーツも
MontreuxとかいうメーカーのRetrovibe Partsとかいうレリックパーツ使ってるみたい。
最初錆びまくってるなぁと思ったんだが、金属にはノーダメージで錆加工をしているらしい。
錆を載せてるって事かなぁ?

PUはLINDY FRALINのVINTAGE HOT TALL GというPUセットが載ってる。

音はやはり凄いの一言。
同じPU載せて同じような材で組んだの弾いた事あるけどこうも違うかと。
まず、良いのか悪いのか別にして、暴れる。倍音がバンバン飛んでんのかな。
ボディからネックまでの一体感が良く、満遍なく均一に弦の振動が伝わってる。
その辺も倍音と関係してそうだ。
音の張りというか、出方の言うのかやたら立体的。上手い例えが無い。

今まで弾いたストラトと何が自分の中で凄いと思ったのか。
音が太いのもそうだけど、
多分、やたら音が楽器的だったから。ちょっと違うけど生物的な感じさえした。

あとは、やたら左手の馴染みが良い。
ネックだけでもあと何本か欲しいくらいネックが良い。
ただフレットの側の処理だけは駄目
幾ら好きでもここだけは駄目といえる。
なんでここだけ!って言いたくなる位、残念な所
ここもヴィンテージ目指しました!」とか言われんのかな。しなくていいのに。

あと、初期ロット品はヴィンテージを目指した結果、
細くて、低い「極細フレット」が打ち込んであるそうだ。
fuller8

自分はコレが結構好きなんだけど、なんだか巷で評判が悪かったらしく、現行品は太くなってるそうな。

でも、勘違いしないで欲しい、
自分はヴィンテージにはこれっぽっちも興味なんて無い。

人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------

追記(23.3.17)
当初こんな糞マイナーなギターメーカーの記事なんて…
と思っていた訳ですが、

気付いたらこのブログに来る人の、検索ワードで一番多いのが
「Fullertone Guitar」や「Fullertone stroke」だったりする。

理由は分かってる。
あまりにもマイナーすぎて検索しても「ここしか真っ当な情報が無い」という事…。
なので、近日追記か、Fullertone guitar part2記事書きますよ。

ちゃんと音源も録れたら載せたいな。
拙い演奏だけど、音だけは伝えたいなぁ

追記終わり。


【使用機材】FULLERTONE GUITARS STROKE54【パート2】
追加記事を掲載。
音源も載せているので、参考になれば幸いです。
[ 2010/12/24 18:41 ] 使用機材 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/18 21:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。